デイトレンドFXは、エントリー・リミット・ストップロス・エグジットの
いかなる相場状況にも対応したデイトレードスタイルの裁量系FXで、
どなたでも実践できるようにルール化した、勝率7割以上を誇る至高のデイトレード テクニックです。

デイトレンドFX

デイトレードを学ぶなら、デイトレンドFX


いかなる相場状況にも対応したデイトレードスタイルの裁量系FX!
エントリー・リミット・ストップロス・エグジットのいかなる相場状況にも対応したデイトレードスタイルの裁量系FX

どなたでも実践できるようにルール化した、勝率7割以上を誇る、至高のデイトレード テクニックです。

至高のデイトレード テクニック



デイトレンドFXとは

デイトレンドFXはいかなる相場状況にも対応したデイトレードスタイルの裁量系FX商材です。

裁量系FX商材といっても、エントリー(新規注文)・リミット(利益確定)・ストップロス(損切り)・エグジット(手仕舞い)の全てを明確に定義づけし、どなたでも実践できるようにルール化しています。

勝率7割以上(1トレード当たりの数値で、控え目に7割としています)を誇るデイトレードテクニックを簡単に身に付けることができるのです。

FXでなかなかストップロス(損切り)ができないトレーダーの方でも、本商材ではストップロスラインを明示してありますのでエントリー後に逆指値注文をいれておくことで、一度の負けで大きな損失をだすことはありません。

デイトレンドFXではテクニカル指標をもとに相場状況を3パターンに分類し、それぞれ違ったルールでトレード致します。

トレンド相場では大きく利益を取り、小刻みに動くレンジ相場では小さく利益を重ね、ボラリティの低いレンジ相場では大切な投資資金を減らさないようなデイトレードスタイルです。


デイトレンドFXこんな方にお勧めです

● 本格的にFXで稼ぎたい方
● 現在のトレード手法でなかなか利益を出せていない方
● 現在のトレード手法で利益を出せてはいるがさらにスキルアップさせたい方
● システムトレードなどではなく自分自身のトレードで稼ぎたい方
● 今までにいろいろな商材や投資サービスを試したが、十分な結果が得られなかった方
● 負けグセや負けトレードから抜け出せない方
詳細はこちらから



デイトレンドFXの特徴

至高のデイトレテクニック

デイトレンドFXは、FXにおけるデイトレの基本中の基本かつ王道ともいえる、テクニック手法です。

「リスクを徹底的に排除し、チャンスに強く攻める」
わかってはいるけどなかなか実践できないのが投資というものです。

しかし、負けグセから勝ちグセに変わる瞬間というのはほんのささいなきっかけからだと思います。

そして一つの勝てる喜びやきびしさから次の勝ちが生まれるのです。


デイトレンドFX

Q&A

FXの経験がない初心者でも実践可能ですか?
初心者の方でも本商材は明確なエントリー・利益確定・損切りのルールを明示してありますので実践は可能です。しかし、本商材の中身はページ数の無駄を極力無くすためにFXの基礎的なことや用語についての解説は省いている場合が多いです。
ですから、本商材をお読み頂いてご理解して頂くのに少々お時間がかかるかもしれません。
それと、FXの経験があるのとないのでは本商材の読解力や実行力に大きな差が生まれます。全く経験がない初心者の方で本商材を購入希望の場合は、ご購入して頂いてすぐ実践に入られるのではなく、何度か読み直して頂きながらわからない箇所は当方にメールをして頂き、デモトレードなどで本商材のルールーどおりにトレードして下さい。
本商材のルールどおりのトレードでしっかりと結果をだして頂いて、感触をつかんで頂いてから本番のトレードをして頂くことが遠回りではありますが、ご購入者様の大切な資金を減らさずに着実に増やしていく最善で最短の方法だと思います。ルール自体は覚えてしまえば簡単な内容です。
MT4でもトレードできますか?
はい、可能です。
2008年11月25日よりご購入者様専用のサポートページにて、本手法で使用するMT4用のインディケーターを無償配布させて頂いております。
本手法が本来使用するVTやCTとのチャートシステムと比較・検証を行い、テクニカルの形状や推移に大差がないと判断した為、配布を決定致しました。
しかし、もとのレート表示自体が異なる為、多少の違いはあります。
その違いについてもトレードに支障が出ない範囲内ではありますが、本手法の根本はVTやCTのデフォルトのチャートシステムを使用する内容であることと、著者自身が普段MT4を使用していない為に、本手法での設定以外に関するMT4のサポート等はお受けしておりませんのでご了承頂くとともに、VTやCTですと各インディケーターのパラメーターなど、ご自身のスタイルにあわせて微調整やアレンジが可能ですので、なるべくであればVTやCTで実践して頂く事をお勧めしております。
本手法に関する各種マニュアルは、VTやCTの画像や内容をもとに構成されております。その為の対応としてMT4ファイル内にデイトレンドFX用のテンプレートを付属しておりますので、視覚的にもマニュアル内の内容をそのまま照らし合わせてご確認頂けるようにしております。
必ず勝てますか?
1トレード単位では必ず勝てると言えません。
本商材はもちろんのこと、どんなトレード方法にも100%の勝率はありえません。
ですから本商材も負けることはありますし、2連敗することもあります。
しかし、本商材のトレード方法は1トレード単位で70%強の勝率を誇るのと、レンジ相場では細かく利益を積み上げながら、トレンド相場では損小利大の利益を狙うことを基本戦略としていますので、高勝率の割には損益率が高いトレードルールになっております。
何度もトレードして頂くことで安定して勝ちと利益を積み上げることができると思います。
システムトレードですか?
いえ、システムトレードではありません。
本商材はデイトレード用の裁量マニュアルです。ですから、チャートの監視・新規注文の実行・決済注文の実行はご購入者様で行って頂く必要があります。
しかし、本商材ではレンジ相場・トレンド相場の定義と各相場状況に合わせたエントリー・利益確定・損切り・エグジットをテクニカル指標をもとに明確にしており、(チャート図をもとに、何故そうなるのかというロジックと詳細な解説がついています。)そのとおりにトレードして頂くだけで良いので基本的にご購入者様の裁量は入りません。
売買サインはチャート上に表示されますか?
いえ、されません。
チャートに関してはあるFX業者のチャートを本商材のトレード用にテクニカル指標などの設定致します。設定の仕方は本商材で詳しく説明させて頂いております。
売買サインは表示されませんが、本商材の売買ルールは明確なのでチャートを見ながらルールどおりのタイミングでエントリー・利益確定・損切り・エグジットして頂くことが可能です。
サラリーマンなのですが、夜だけでも取引はできますか?
はい、可能です。
本商材は基本的に24時間取引可能ですが夕方以降、特にロンドン市場とニューヨーク市場が重なる日本時間の21時〜24時位は値動きが良く利益を出しやすい時間帯です。
ご購入者様のご都合の良い時間帯を選んでトレードして下さい。
外出先で携帯電話から取引できますか?
推奨しておりません。本商材で使用するチャートシステムはモバイルに対応しておりますが、他にもイー・モバイルなどのフルブラウザ対応の通信機器であればできなくもないですが、画面サイズや通信速度の問題からお勧めしておりませんし私自身も致しません。
チャートを見ながらエントリーポイントなどを見極めて頂く必要があるのでいつも使い慣れたPC環境でしっかりとトレード時間を確保して頂くことをお勧め致します。
勝率と1日のトレード回数はどれ位ですか?
勝率は1トレード単位で約7割以上です。
ただし、相場状況によっては3連勝、4連勝することもあれば、2連敗することももちろんあります。
トレード回数は相場状況にもよりますが、平均すると1〜2時間に1〜2回位です。相場状況によっては1〜2時間に3〜4回の時もありますし、相場の方向性が分からない時やボラリティが低い時はテクニカル指標による判断でエントリーしないようなトレードルールになっていますので、1〜2時間で0回の時もあります。
傾向として値動きが期待できる夕方や夜が多く、明け方や午前中は少ない場合が多いです。
売買サインをメールで配信していますか?
いえ、しておりません。
ただ、多少のタイムラグはあるかとは思いますが本商材はエントリー・利益確定・損切り・エグジットを明確にルール設定しておりますので、どなたが実践して頂いてもほぼ同じような結果を出すことが可能です。
対象通貨ペアを教えて下さい。
本商材ではドル/円・ユーロ/円・ユーロ/ドルを対象とします。理由としてはスプレッド幅が狭いからです。
本商材のトレードスタイル・ポジション保有期間は基本的にデイトレードで相場状況によってはスキャルピングに近い場面もあります。
ですからスプレッド幅の狭い通貨ペアを狙いますが、もし本商材のトレードルールが他の通貨ペアでも有効であれば実践して頂いて構いません。
今使用しているFX業者でトレード可能ですか?
本商材中で使用するチャートシステムやFX業者を解説しております。
当然ですが、その業者への口座開設やチャートシステムは無料でご利用頂けます。
本商材で推奨している環境や条件を満たしているチャートシステムやFX業者であれば基本的にどこの業者でもトレード可能です。
初期投資資金はどれ位必要ですか?
ご購入者様の余裕資金の範囲内であればいくらでも構いません。
現在は数千円からFXの取引が可能なので数千円からでもできますし、10万円・50万円・100万円以上でも可能です。
ただし、余裕資金が豊富にあっても初めは数万円からの少資金でトレードして頂くことをお勧め致します。
FXの情報商材というのはシステムトレードやサイン配信サービス以外は「他人のトレード手法」です。
マニュアルを読んだだけでは他人のトレード手法を100%再現できるとは私は思いません。
一人一人、今まで行ってきたトレードの癖やスタイルがありますし、性格や環境も異なります。ですから、本商材マニュアルを読まなくてもよい位慣れて頂いてから(内容は論理的で難しくはないのですぐに慣れて頂けると思います。)ご購入者様の資金管理のもと投資資金を増やされるのが良いと思います。
レバレッジはどれ位がよいですか?
レバレッジを考える時は多角的に考えなければいけないので一概には言えません。
投資資金の性質や利益獲得の目的によっても異なりますし、トレードの勝率や損益率でも異なります。
本商材は安定した勝率が見込めるのでハイレバレッジでも問題はありませんが、一番はご自身で決められることです。リスクを冒してでも1億円を最短で貯めたい人と、本業があってFXの利益はお小遣い程度で考えている人では適正レバレッジが異なります。
あえて言うなら、10万円位の資金で1Lot(1万通貨単位)が万人向けだと思います。余談ではありますが、私は投資資金が数十万円から数百万円の時はレバレッジ100倍でトレードしておりました。現在はレバレッジ20倍でトレードしております。
なぜ勝てるマニュアルを販売・公開するのですか?
もともとはあるインターネット掲示板でトレード成績や簡単なデイトレ手法を情報発信していました。
その情報を楽しみにしてくれている方もいたのですが、誹謗中傷を書き込みされる方もいました。
その時思ったのが、有益な情報を本当にほしいと思ってくれる人がいるということと、そういう方達だけにのみもっと質の高いトレード方法を情報発信したいと思いました。それであれば、私自身が行っているトレード方法から希望的観測を排除し、万人向けに明確な定義とルールづけをした質の高いトレード方法を作成しようと考えました。
そしてそれを有料の情報商材として販売することで純粋にFXで利益を出したいという方だけに情報発信することができますし、私も質の高い商材を完成させる為に多くの時間を割いて作ったとしても販売代金として少しでも対価を得られるのであれば販売や公開する価値があると考えました。
ただし、FXのトレードによる収入もありますし私自身あまり表に出ることが好きな性格ではない為、この「デイトレンドFX」が何十個も何百個も売れてほしいとは思いません。一か月に2つ3つで良いのでトレードスキルを上げたいと真剣に考えている方にご購入して頂き、実践して結果を出して頂くことの方が大切だと考えています。
販売代金の値上げ予定はありますか?
現在のところ予定はありません。
よく値上げされる情報商材がありますが、値下げするならともかく需要が増えても供給量のバランスが崩れるわけではないので私の個人的な考えでは値上げすることはおかしいと思っております。
サポートはついていますか?
メールのみの対応ですが現在では無期限のサポート付きです。
本商材でわからないことがありましたら、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。
類似商材はありますか?
現在販売されている全てのFX商材を読んだことがあるわけではないので100%ではありませんが、「デイトレンドFX」は私の完全オリジナル手法で他の方のトレード方法や情報を一切参考にしていません。本商材で使用するテクニカル指標やその使い方を実際のトレードで使用されているトレーダーの方は見たことも聞いたこともありませんし、おそらくいらっしゃらないと思います。
返金に対応していますか?
情報商材という商品の性質上、返金の対応は致しておりませんのでご購入の際にご不明な点がありましたら、事前に当方にお問い合わせ下さい。

至高のデイトレード テクニック
詳細はこちらから




デイトレンドFX 雑記

順張り型チャートと逆張り型チャートは、通常MACDを使われます。

順張り型チャートには移動平均線、一目均衡表、MACDがあります。

逆張り型チャートにはストキャスティクス、ボリンジャーバンド、RSIがあります。
これらのチャートは売り買いのサインの参考にはなりますが、あまりに過信するのは禁物です。

チャートの信用しすぎが失敗の原因と、よく聞かれます。

又、チャートは組み合わせることで相乗効果がある場合があります。

上がるか下がるかが50%付近のの確率が、100%でなくても60%、70%に上昇り、長期的には利益が得られているという事になります。

一目均衡表の雲の動きと、MACDの売買サイン、ボリンジャーバンドで乖離を確認します。

「チャートには転換線、基準線、雲、遅行スパン、先行スパン1、先行スパン2」の6つが、ローソク足を囲んでいます。

買いシグナルになるのは、転換線と基準線が上を向きで、転換線が基準線を抜けながら、ローソク足が雲を抜いたときです。

複雑で慣れが必要だからこそ、信用できるツールです。
最初はツールは使いにくいかも知れませんが、信頼されているツールはやはり使い慣れれば、これまでよりも多く利益を上げられるかもしれません。

MACDはトレンドを追っていくチャートです。
線はMACDとシグナル線の2本だけで、買いシグナルはMACDがシグナル線を抜けたときです。

何度も交差することがあるので、なるべく交差が2回くらい繰り返された直後のゴールデンクロスで買うことができたら、上昇トレンドに乗れることが多いです。

ボリンジャーバンドは逆張り型チャートで、一目均衡表とMACDの順張り型チャートを補間する形で使います。

ボリンジャーバンドの主役は平均値からの散らばりを示す標準偏差。
「σ」を使った、2σ線、1σ線、−1σ線、−2σ線などがあり、−2σ線にローソク足が近づいたら、売られすぎを判断することができます。

このようにチャートは役に立つ目安になりますので、使いこなせることで勝率がアップするでしょう。

デイトレンドFX 詳細はこちらから


デイトレンドFX

>>このカテゴリーの記事一覧











A C - B B A
RSS

デイトレンドFX、詳細はこちら