桑の葉で糖尿病を改善

最近の研究によって、桑の葉に含まれるDNJという成分には、食後に上昇する血糖を抑える働きがあることが示されましたが、古来より中国や日本では、桑の葉を煎じて糖尿病に利用してきました。
DNJ(I-デオキシノジリマイシンの略称)は、糖質分解酵素の働きを阻害することで食後過血糖を改善しています。そこで、DNJを多く含む桑の葉工キスが、糖尿病の改善に役立つとして注目されました。

サラサラ・ブラッドでは、血糖値を簡単に下げ、通院もインスリンも不要で40日で、血糖値を575から96に下げた、糖尿病の改善法を、お伝えしています。

ホームページ1

ホームページ2


食物に含まれる糖質・炭水化物は、小腸においてαグルコシダ一ゼという酵素の働きによりブドウ糖に分解され吸収されます。桑葉工キスに含むDNJは、このαグルコシダ一ゼの働きを抑制することで、小腸から血液中へのブドウ糖の吸収を緩やかにします。
健常者では、食事中の糖質が吸収されて血液中のブドウ糖濃度すなわち血糖値が上がるのに応じ、膵臓からインスリンが必要な量だけ瞬時に分泌されます。
しかし、糖尿病の人ではインスリンがゆっくりとしか分泌されないため、血液中のブドウ糖が処理されず、食後に血糖値が急激に上昇してしまうのです。

糖尿病や肥満に対しては、生活習慣の改善が重要です。桑の葉エキスは糖質の吸収を遅らせる効果があるため、食事の前に服用します、しかし短期間での効果が期待できませんので、継続して利用すると良いでしょう。
尚、一般に糖尿病薬にはαグルコシダ一ゼ阻害薬が利用されていますので、桑の葉工キスも同じ働きがあるため、併用すると相加作用が生じますので、糖尿病治療で何らかの医薬品を使用している場合、まず主治医に相談しなければならないでしょう。
糖尿病改善には、糖尿病と共に歩む会


桑の葉で糖尿病を改善