普段の食事とコンザイムQ10

人が生きていくために、必要なエネルギーは、細胞にあるミトコンドリアで生み出されています。コンザイムQ10は、1957年に牛の心臓から発見されたミトコンドリア内での、エネルギー産生に関わる補酵素です。同じ構造が10個つなっがており、それがコンザイムQ10の名前の由来となりました。


ホームページ1

ホームページ2


コンザイムQ10の働きには、食事の糖や脂肪、アミノ酸などを生きるために、エネルギーに変えてくれる働きがあります。体内では、全エネルギーの95%を作り出している、全身の細胞の一つ一つに存在するミトコンドリアの小器官によって、栄養素が酸素によって燃焼され、エネルギー が作り出されています。もう一つの、コエンザイムQ10での重要な働きは、細胞を活性酸素による酸化から強力に守り、若々しいカラダを維持し老化から守る働きを持っています。細胞のミトコンドリアに入っていける唯一の抗酸化物質といえます。

コエンザイムQ10効果は、アルツハイマー、パーキンソン病、ハンチント病、ガン、抗加齢、シワ、肥満、慢性疲労症候群の改善、免疫系の強化、歯肉炎、歯周病、エイズ発症の延期、動脈硬化予防、糖尿病改善等、様々な症状の改善と予防などの作用が期待できます。そして、コエンザイムQ10は、細胞レベルから体を活性化するため、健康の維持・増進だけでなく、抗加齢や美容、スポーツなどにおいてもその効果が注目されています。

人などの多くの哺乳類が、このコンザイムQ10を有し、エネルギー産生に関わっていますが、加齢とともに失われていきます。せっかく沢山のコエンザイムQ10効果があっても、体内にコエンザイムQ10が、吸収されなければ意味がありません。普段の食事を大切にしながら、そのうえで、お手軽なサプリメントによるコエンザイムQ10(CoQ10)などで、効率的に摂取することをオススメします。さらに、ビタミンCやビタミンEと同時に摂取することで、より抗酸化作用が高まり、アンチエイジングがより期待ができます。また、L−カルニチンと同時に摂取することで、エネルギーの生産及び脂肪燃焼の効果が高まります。しかし、ワルファリン(血液凝固阻止剤)との併用は、薬の効果を薄める可能性があり、また高血圧や糖尿病の薬との併用も、薬の作用が増強される可能性があるため、注意が必要となりますが、コエンザイムQ10は、もともとは人間の体内で生成されるため特に副作用などはありません。

コエンザイムQ10は、何よりも生命活動に必要な、エネルギーの生産を助けていますので、疲労回復を行い、元気に活動するために重要な栄養素なのです

このようなことにより、コエンザイムQ10は生活習慣病の改善効果に、必要といえるでしょう。


ビ・アクア CoQ10×18 コキューテンエース・・・特殊製法で吸収率18倍パワーアップ!
人気のコンザイムQ10で元気と若々しさを! 
人間の生命維持に欠かせない成分。加齢とともに減少するコンザイムQ10を、
吸収率の高いサプリメントで効果的に摂取しましょう。

普段の食事とコンザイムQ10