FXスキャルマスター / 大敗しないトレンドフォロー系の裁量手法

FXスキャルマスター

損失は小さく、利益は大きくを徹底した、トレンドフォロー系の裁量手法。

1分足を使うためエントリーのチャンスも1時間に数回あり、忙しい方や、
なかなか時間の取れない方などにもお勧めです。

FXで大負けしない為の手法で、勝てないFX初心者必見です。



FXスキャルマスター




FXスキャルマスター / 勝つためのルールが明確

トレンドに逆らわない順張り

トレードではトレンドに逆らわず、損小利大が基本です。

上昇トレンドであれば「押し目買い」、下降トレンドであれば「戻り売り」、
ボックスと判断したらトレードしない。

トレンドの判断、エントリーやロスカットのポイント、勝つためのルールを
明確に伝授します。

エントリーには、

  • トレンドの小さな押し(戻り)を狙うエントリー。
  • 上トレンドの普通の押し(戻り)を狙うエントリー。
  • トレンドの大きなの押し(戻り)を狙うエントリー。
と、小さな調整、普通の調整、大きな調整の3パターンがあり、
このエントリーポイントを把握することで、大きなトレンドに乗れなかったという
見逃しを回避することができます。




システムトレードVS裁量トレード

システムトレードには、順張り系システムと逆張り系システムがあります。

順張り系システムは、トレンドに乗れば大きな利益となりますが、持ち合いが続いた時はレンジの天井で買いサイン、底で売りサインが連発し、勝率も低く、レンジが長く続いた時にはトレードを続けることは難しくなります。

逆張り系システムは、大きなトレンド、例えば暴落が起きたときには買いサインが連続し、大きな損失になりまねません。


それではどうすれば安定して勝てるのか。

最終的にたどり着いたのは、裁量トレードです。

「FXスキャルマスター」では、トレンドが上昇なのか、下降なのかの判断は5分足の独自指標を使い、色により一目で分かるようになっています。

この5分足オリジナル指標の色を確認する事で「このサインを入るべきか、
見送るべきか」といったところが、裁量となってくるのです。

裁量でフィルターをかけることでパフォーマンスは非常に高くなり、
上昇・下降相場問わず安定して勝つためのポイントとなってくるのです。



詳細はこちらから




FXスキャルマスター / トレンドの確認は5分足で行う

Q&A

どこでエントリーするかは決まっているのでしょうか?
はい、あらかじめ決まっています。
上昇トレンドと判断した場合、押し目をロングするわけですが、どこでロングすれば良いのか商材のほうでチャートを元に細かく解説しています。
損切りはどこですれば良いのか、ルールは決まっているのでしょうか?
はい、損切りラインも決まっています。
損切りポイントはどこなのかを商材のほうで細かく解説しています。
トレンドフォロー系手法との事ですが、トレンドの判断は初心者でも出来るのでしょうか?
はい、トレンドの確認は5分足で行い、色により上昇トレンドなのか下降なのか、一目で判断できます。
1〜2時間しかトレードできませんが、問題はないでしょうか?
当手法は時間軸の短い1分足を利用しますので、エントリーのチャンスも多く、忙しい方にもお勧めです。
この手法はデイトレードでしょうか?
夜からトレードをして1〜2時間程度で数回のトレードができるよう、商材では1分足で解説しています。ただ、日足であろうが30分足であろうが手法の本質・パターンは同じですので、日足ベースで数日〜数週間に1回のスイングトレーダーにもお役に立てると思います。
FXのテクニックや経験は必要ありますか?
ルールが決まっているので、初心者の方でも実践できる内容となっています。
トレード経験のない方はデモトレードで練習し、慣れてから実トレードされると良いと思います
FX業者はどこでも良いのでしょうか?
もちろんどこでも構いませんが、エントリーしたい価格で約定しないFX業者も多数あります。
FX業者についてはお勧めFX業者を参考にされてみてください。
チャートは何を使うのでしょうか?
無料で使えるMT4という高機能チャートを使います。
MT4のダウンロードから使い方、チャートのセッティングまで図解で詳しく解説しています。
下落相場、暴落相場でも勝てますでしょうか?
2007年はサブプライムローンの問題で、暴落が起きました。
多くの方が逆張り系指標を元に「売られ過ぎ」「買いのチャンス」と判断してしまい、その後の暴落で大きな損失となっています。
しかし、トレンドを把握していれば、暴落や下降トレンドでも売りで大きく取ることも出来るわけです。
当手法はトレンドフォローなので上昇相場、下落相場問わず、安定して利益を得ることができます。
マニュアルは何ページありますでしょうか?
スキャル手法に関してはPDFで97ページ、MT4マニュアルは187ページです
今後も勝てますでしょうか?
トレンドは、将来なくなることはありません。
どのような相場でも「上昇トレンド⇔下降トレンド」を繰り返しています。
トレンドに乗る手法をマスターすることにより、将来も安定して勝ち続けることが出来るわけです。
マスターするといっても、とてもシンプルでトレード経験者であればすぐにトレードできるでしょう。
初心者・経験者問わず、ぜひ勝てる手法をマスターして、勝ち組トレーダーとなってください。

FXスキャルマスター

詳細はこちらから