FXSuperToolsは、FXでのクロスペアの強弱から、タイムスリップに匹敵するほど
未来の動きを予見する事を可能にするFXサーモグラフ・通貨温度計を備え、
トレンドとレンジを見分けFXを超省力化するFXスーパーツールです。

FXSuperTools

FXSuperTools

FXSuperToolsは、クロスペアの強弱から、タイムスリップに匹敵するほど未来の動きを予見する事を可能にする、FXサーモグラフを備えたFXを省力化するスーパーツールです。

未来を予見する場合、このFXサーモグラフを使えば、1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、の時間枠に関わらず、通貨本来の強さを捉える事ができます。
デイトレード、スキャルピング、スイングトレードや、ポジショントレードにも有益なツールで、FXのトレンドを読むうえで、快適なチャート環境をお約束します。







FXSuperTools

未来の動きを予見

トレーダーなら誰しも、「わずか5分で良いから過去にタイムスリップできれば」と感じる方は多いと思います。
タイムスリップはできなくても、FXではクロスペアの強弱から、タイムスリップに匹敵するほど未来の動きを予見することが可能です。
未来を予見する場合、このFXサーモグラフを使えば、1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、の時間枠に関わらず、通貨本来の強さを捉える事ができ、デイトレード、スキャルピング、スイングトレードや、ポジショントレードにも有益なツールです。




FXスーパー ツールズ

エントリー注文と同時に逆指値(SL)と指値(TP)が入るスクリプト。
逆指値(SL)と指値(TP)を瞬時に変更できるスクリプト。
含み益ポジションのみ、あるいは買いポジションのみ一括で決済できるスクリプト。
FXSuperToolsのスクリプトを使えば、すべてのトレードがシンプルになり、注文と決済作業の省力化はトレーダーの利益に直結します。
そしてさらに、ニューストレードEAやカレンシーメータなど、FXトレードで利益を出すために不可欠なツールを結集しました。







FXSuperTools

トレンドとレンジを見分ける

為替レートの変動は、その時々の通貨の強弱によって左右されます。
その中でも最も多く取引されているのが、メジャー通貨ペアと呼ばれる通貨・米ドル、ユーロ、ポンド、円、スイスフラン、豪ドル、カナダドル・の組み合わせです。
トレーダーは様々な要素から、MACD、RSI,ストキャスティックといったテクニカル指標の数字から、このメジャー通貨のなかで、どの通貨が強いのか、弱いのか、そうした思惑で売りや買いのポジションを取ります。
メジャー通貨の強弱相対関係は市場の思惑にしたがって一刻一刻と強さの順位が変動しています。
例えば、USD/JPYでトレードする場合、トレード対象となるUSD/JPYのクロスペアの動きを見れば、「USDの単独の強さ」と「JPYの単独の強さ」を把握でき、USD/JPYの本当の動きが分かるのです。つまり、全クロスペアが一致したタイミングで売買を仕掛ければ、次の動きは目に見えています。



FXサーモグラフ

例えば、GBP/USDの上昇トレンド最中に一時的に下げたような場合であっても、FXサーモグラフを使っていれば、 GBP/USDは、たまたま現在リバース売りにあっているが、その他のGBPクロス(EUR/GBP、GBP/CHF、GBP/JPY)では、まだまだGBPは、相当に強い状態にあることが分かります。よってこのため、「まだGBPは買い優勢で継続する」という認識を持つことができます。
このように、正確な現実(マーケット)認識のためにFXサーモグラフは必要不可欠なツールだと言えます。



FXトレードを省力化

大損失を出すトレードには共通性があります。
1・資金に比べて大き過ぎるポジションを取る。
2・ストップロスを入れていない。
3・そして含み損を抱えると心理的にロスカットできない。
4・そのうち元に戻るだろうという希望的観測。

などから最終的にマージンコールにかけてしまいます。トレードでの失敗、その多くは逆指値(SL)や、指値(TP)を入れないことが原因です。
もし必ず、逆指値(SL)と指値(TP)が注文と同時に入るスクリプトがあれば、そうした失敗を避けられます。エントリー注文と同時に逆指値(SL)と指値(TP)が入るスクリプト。逆指値(SL)と指値(TP)を瞬時に変更できるスクリプト。一括で決済できるスクリプト。こうした注文プログラムがあれば、致命的な失敗とは無縁です。



スクリプト

マーケットオーダー(新規成行注文)スクリプト
エントリー注文と同時に逆指値(SL)と指値(TP)が入るスクリプトです。スクリプトの実行操作は次の3つから選べます。
1.ダブルクリック
2.ドラッグ&ドロップ
3.キーボードのボタンを押す。
(注文操作でマウスのカーソルを動かす必要はありません。)スクリプトを実行すると即座に注文が完了しますので、一瞬のチャンスを逃さないスキャルピングトレードに最適です。
ペンディングオーダー(新規指値・新規逆指値注文)スクリプト
エントリー注文と同時に逆指値(SL)と指値(TP)が入るスクリプトです。スクリプトの実行操作はドラッグ&ドロップです。これはドラッグ&ドロップだけで即座に注文が完了しますので、あまりの簡単さに驚かれるに違いありません。
モッディファイオーダー(変更注文)スクリプト
ドラッグ&ドロップ操作だけで、既存の逆指値(SL)と指値(TP)のレート変更ができます。一般的には変更注文も煩雑な作業が必要ですが本スクリプトはシンプルの極みです。
クローズオーダー(決済注文)スクリプト
注文を取り消したり、ポジションを決済するやスクリプトです。スクリプトの実行は次の3つから選べます。
1.ダブルクリック
2.ドラッグ&ドロップ
3.キーボードのボタンを押す。
スクリプトを実行すると即座に決済が完了しますので、一瞬のチャンスを逃さないスキャルピングトレードに最適です。決済する対象も、利益ポジションのみ、損失ポジションのみ、買いポジションのみ、売りポジションのみ、未約定注文のみ、約定済注文のみ、チャート上の選択したポジションのみ、と大変柔軟に対応しています。




FXSuperTools

FXSuperToolsで安定した利益を獲得し続けるには

まず時間をかけてトレンドフォローに徹するのが王道です。
そして利益を積み重ねるごとに建玉を徐々に増やすことで、連勝した場合に利益が大きく伸びます。
具体的には1回のトレードの収支を運用資金の2〜5パーセントとすることです。こうすることで複利の力を利用しながらリスクは限定されます。ただし常時ロットを可変させるのは煩雑になるため、日単位、週単位で資金に応じてロットを漸増します。
例えば、月300PIPS獲得での考え方では、100万円からスタートした場合、ロット管理で19ヶ月目に複利で1億円を突破することができます。そして月300PIPSというのは、FXSuperToolsを使ったトレードに専従すれば難しい数字ではありません。
つまり、100万円からスタートして1億円を目指すには、300pips × 18ヶ月 = 5400pipsを取る必要があるという計算になります。
もっとも、専業の方では1年間に10,000pips取る方もいらっしゃいますので、1日当たり21pipsの積み重ねを継続すれば、土日を除く約260日をかけて5400pipsは1年で取れる数字です。重要なのは1度のミスで失敗しないよう、エントリーでは必ず逆指値(SL)と指値(TP)を同時に入れることです。

指標発表インディケータ
このインディケータでは、ウェブから当日のトレード対象となる通貨ペア国に関係する、経済指標名称、発表時刻、前回結果、今回予想数値を取得し、チャート上に時系列で経済指標のタイミングをトレーダーに伝える優れものです。チャートの時間足は問いません。
ニューストレードEA
このEAを実行すると、現在のレートから指定したpips幅で、上下に5つの順張り新規ストップ注文が即座に入ります。数秒〜数十秒、数分で100pips〜250pips変動する大型経済指標(雇用統計、FOMC、政策金利、失業率、インフレ報告、GDPなど)で威力を発揮します。
デジタル表示インディケータ
ADX、RSI、MACD、CCI(コモディティチャンネルインデックス),STC(ストキャスティックオシレータ)、は大多数トレーダーが用いる重要な指標ですが、一般的に、認識範囲が表示したチャート時間足の数値に限られますので、全時間枠での数値をデジタル表示で認識可能にしました。
カレンシーメーター
リアルタイムでメジャー通貨の強弱相対関係を一目で把握できるMicrosoftExcelを用いたプログラムです。一般的には、強い通貨を買い、弱い通貨を売るトレンドフォロー戦略がベターでしょう。




FXSuperTools











RSS