ガラナで疲労回復

 ガラナは、アマゾンが育んだ強壮と鎮静効果の植物と言われ、アマゾン原産のムクロジ科のつる性植物です。小さな果実は熟すとはじけ、黒い種子が姿を現し、この種子をぺ一スト状にして、熱帯雨林の先住民は、薬用効果として食していたと言われています。 多く含まれる有効成分は、当初ガラニンと呼ばれていましたが、後にコーヒーなどで良く聞かれる、カフィンと呼ばれるようになりました。


ホームページ1

ホームページ2


 ガラナのカフィン含有量は、コーヒーの約3倍にも及び、テオフィリン、テオブロミンなども含まれ、それぞれ、カフィンは興奮作用、テオフィリンは鎮痛作用、テオフロミンは神経興奮作用があります。 こうした成分から、ガラナの身体症状に対する効能としては、鎮痛、解執、強壮などが挙げられ、健康強壮剤として多くの人に愛用されてきました。 最近では、体力消耗、眠気防止、浄血、腹の張り、肥満、消化不良、疲労回復、動脈硬化などに対応するものとして信頼され、サプリメントとしても広く、活用されています。

また最近の研究では、ガラナの服用による血液中の血小板凝固の抑制、記憶力の向上も実証され、ガラナから抽出したカフィンだけの投与よりも、ガラナの種全体から抽出したエキスの方が、より効果的であることもわかってきたようです。

 ガラナの摂取方法は、サプリメントやガラナエキス入り飲料などで摂取するのが一般的でありますが、カフェインを多く含むため、過剰摂取の場合は、不眠を招いたり、悪化すると、吐き気、けいれん、高血圧などを伴なうこともあるそうです。 近年では、さらに肌への収敏効果や爽快感を与えるなどの効果から、ボディのケア商品にも多く応用されているそうです。


ストロング・ガラナ・・・ 元気を凝縮したガラナは、今日ではその使用の安全性と
高い健康パワーにより、世界的にも知名度が高まり利用されています。
ガラナに含まれているナチュラルカフェインは、消化吸収されるまでゆっくりと
時間がかかるので、身体に無理な負担を与えることはなく、カフェイン特有の
依存性が出ることもありません。
強い生命力を秘めたハーブのパワーで、元気ハツラツを応援します。


かんたんFXプラチナムガラナで疲労回復