米ぬかでメタボ予防

 米ぬかは、わたしたちが主食にしているお米を、食用のために精米して白米にするときに、栄養の宝庫といわれる表皮や、胚芽をそぎ落とたし部分になります。米ぬかに含まれている栄養素には、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンなどのビタミンB群、ビタミンEなどが豊富で、ビタミンB群には、エネルギー代謝を促進させて、疲労回復や肥満、メタボリックシンドロームを防ぐ働きがあります。またビタミンEは、活性酸素の発生を押え、血管を丈夫にして動脈硬化や高血圧、老化、がんを防ぐ働きがあります。


ホームページ1

ホームページ2


米ぬかの代表的な成分である食物繊維は、野菜の摂取不足で栄養のバランスが悪くなった食生活を改善してくれます。腸内の老廃物を排出して便通をよくし、余分なコレステロールの吸収を抑えるので、コレステロール値が下がって血圧の上昇を抑えてくれます。他にも、米ぬかには力リウムや力ルシウム、鉄分、リンなどの、ミネラル類も豊富で、カリウムは、血圧を上昇させるナトリウムを排出させて血圧を下げる働きもあります。しかし、米ぬかにいくら高血圧を防ぐ成分が沢山あっても、そのまま米ぬかをたべることはできません。そこで米ぬかは、豆乳にまぜて栄養をとる事ができます。

豆乳の代表的な成分はタンパク質で、大豆の成分の約40%を占めており、タンパク質をつくるアミノ酸が豊富で、米ぬかと同様に、ビタミンB群、ビタミンE、リノール酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸を多く含みます。また豆乳は、血圧の上昇を防ぐ力リウム、心臓の働きを整えるマグネシウム、ポリフェノールの一種で女性ホルモンと同じ働きをするイソフラボン、悪玉コレステロールを減らすレシチンやサポニン、腸内のビフィズス菌などの善玉菌を増やし、免疫力を高めるオリゴ糖なども豊富に含まれています。

1日にコップ1杯(150ml〜200ml)を、食事前や空腹の時に、米ぬかと豆乳をまぜて飲むと、これ以上にない栄養満点の健康食となります。


米ぬか美人 化粧水 ・・・オリザノール〔米ぬか抽出エッセンス〕(天然保湿成分)で、
肌にしっとりうるおいを与え、肌あれを防ぎ、キメを整えます。
体の中からもお肌も米ぬかで健康で、美しくなります

プロファイリングFX投資法米ぬかでメタボ予防