全くのFX初心者が、1日10分、好きな時間にシグナルにしたがって注文を出すだけで、
1日で資金を30%増やすことのできる方法です。

たのしいFX−リアルタイムFX投資戦略ソフト−

たのしいFX

全くのFX初心者が、1日10分、好きな時間にシグナルにしたがって注文を出すだけで、1日で資金を30%増やすことのできる方法です。

「リアルタイムFX」では、専門知識のないFX初心者の方でも楽しくFXをできるように、従来手法の欠点であった「ダマシ」を極力排除したシグナルを実現しました。









たのしいFX−リアルタイムFX

トレード手法

トレール注文を用いたリアルタイムFXのトレード手法は、3つのステップから構成されます。

  1. シグナルにしたがって成行えエントリーする。
  2. トレール注文を出す。
  3. 自動で決済されるのを待つ。
1回の注文にかかる時間を1分程度として、好きなときに10回注文を出したとしても、かかる時間はトータルで10分です。

しかも注文後は自動で決済されるので、待ち時間は一切ありません。

裁量も必要ありません。
放置して自動で決済されるのを待つだけですから、初心者でも簡単にできます。

トレール注文
トレール注文は、相場の変動に合わせて、逆指値(ストップ)注文の指定レートが自動的に引き上がる(または引き下がる)という注文方法です。
いったんトレンドに乗ることができれば、最初に設定したストップ幅に応じて、トレンドの終端、ないし中腹で利益確定の決済注文が自動的に執行されます。




高レバレッジ取引

なぜ高レバレッジ取引が可能なのかというと、基本的に超短期トレンドの転換点でシグナルが出るので、シグナルの方向にエントリーすれば、損切を小さくとっても十分トレードが可能だからです。

レバレッジ
実際に運用するよりも少ないお金(証拠金)で取引を行うことを証拠金取引といい、運用するお金を証拠金で割った値をレバレッジといいます。
たとえば証拠金1万円で1万ドル(約100万円)を運用したら、レバレッジは(100万÷1万=)100倍です。






たのしいFX−リアルタイムFX投資戦略ソフト−

ダマシ克服法

なぜこの手法が通常のテクニカル手法のダマシを克服できるのかというと、
シグナルが超短期のトレンド転換点で表示されるからです。

相場が急変したら改めて急変した方向にシグナルが出るのです。

損切りは常に5pipsに設定していますので、相場がゆるやかに変化しようが急変しようがリスクは変わりません。

Pips
取引レ−トの最小単位のこと。
例えばドル/円でいえば最小単位の1銭のことを1Pipsといいます。




勝率60%

このソフトは、損切りを常に5pipsにしているので、1回の取引のリスクは、5pipsです。

つまり、最初にエントリーしてからその方向に5pipsレートが動けば、その後は含み損の心配をせずに、利益を追求することができます。

その結果、勝率60%、プロフィットファクター 3.6というパフォーマンスを出すことができました。

プロフィットファクター
総利益÷総損失で算出されるものをプロフィットファクターといいます。
総利益が総損失の何倍かを示しており、この数値が大きいほど、
そのシステムは優秀であるといえます。




リアルタイムFX投資戦略ソフト−

Q&A

FX初心者でも大丈夫ですか?
はい。
FX初心者のために作成した商品ですので、マニュアルも図解入りでくわしく書かれています。
もし分からない点があれば、メールで質問してください。
ただ、金融商品取引法にもとづき、投資の判断に関する質問にはお答えすることができませんので、あらかじめご了承ください。
100%勝てますか?
いいえ、リアルタイムFXの勝率は通常5割から6割程度です。
実は勝率100%というのは簡単に実現できます。
それは、損切を全くしないという方法です。
しかしながら、それは裏を返すと1回のトレードで資金をすべて失うリスクがある手法ということでもあります。
この商品の価値は、常にトレードごとの損切りを5pipsにとどめつつ、一定の勝率・利益を維持できる点にあると考えております。
どの通貨ペアでもOKですか?
この手法は、低資金から始められるように高レバレッジでの運用を前提としていますので、他の要素に関しては、可能な限り低リスクを前提としていただきたいと思います。
とくに短期売買ではポンド円は値動きが激しく人気がありますが、本手法では決しておすすめはしません。
おすすめするのはドル・円かユーロ・ドルです。
これらのペアは、少ないリスクでほどほどの利益を得るための、そこそこの値幅を提供してくれるからです。
(損切5pipsという基準は、これらの通貨ペアに限ったものです)。
またこれらの通貨ペアは流動性が高いため、利益の確保や損切りを即時かつ効率的に行うことができます。
本手法では基本的に短期売買を前提としていますが、これらの通貨ペアはボラティリティーがさほど大きくないことから、長期戦略にも適していると考えられます。
ただある程度資金に余裕ができてきたら、損切り幅をもう少し広げてユーロ円などから試してみるのも可能と思います。
FX会社の指定はありますか?
基本的にどのFX会社でもかまいませんが、トレール注文による決済を希望される方には、手数料・スプレッド等の観点から、MJというFX会社をおすすめしています。
エントリーはどのように行いますか?
リアルタイムFXのシグナルがチャート上に矢印で表示されます。
基本的にそのタイミングでエントリーすればよいのですが、一番望ましいのは、矢印の向きが変わったとき(大きなトレンドの転換点)です。
損切りはどのように行いますか?
この手法では、損切りは常に5pipsに設定します。
(ドル・円またはユーロ・ドル限定) 。
シグナルが出る頻度はどれくらいですか?
1分足で使用した場合、2、3分に1回くらいの頻度でシグナルが出ます。
なので、パソコンに座ってからシグナルが出るまでの待ち時間はほとんどありません。
ただもちろん、必ずその頻度で出るわけではなく、あるロジックにしたがって適切なタイミングでシグナルが表示されます。
パソコンに張り付く必要がありますか?
エントリーのための待ち時間は、1分足でシグナルが出るまでの2,3分、裁量決済の場合はエントリーしてから10分程度パソコンの前にいる必要があります。
トレール注文による決済の場合は、エントリー後すぐにトレール注文を出せば、パソコンの前にいる必要はありません。
忙しい方や初心者の方にはこちらの方法をおすすめしています。
自動売買ですか?
いいえ、注文はすべてシグナルにしたがって成行でエントリーします。
決済にトレール注文を用いた場合は、自動で決済されますが、裁量決済をされる場合は自動売買は全くありません。
パソコンの使い方があまり分からないのですが。
パソコン初心者の方でも分かりやすいように図解のマニュアルをご用意させていただいております。
もし分かりにくい点があれば、気軽にメールしてください。
トレードする時間帯は決まっていますか?
決まっていません。
損切り5pipsのトレードの利益幅は1回数pips〜十数pips程度ですので、必ずしも大きなトレンド発生を前提とする必要はありません。
ただ、大きなトレンドに乗れればそれだけ利益も大きくなりますので、それに越したことはありません。
よく、米国タイムと欧州タイムが重複する日本時間午後10時から午前2時の時間帯を狙って取引をするのが望ましいと言われていますが、マニュアルを購入していただいた方には、それ以外の秘密のタイミングをお教えしています。
ロジックは公開していますか?
はい、ロジックはすべて公開しています(ソースコードは公開していません)。
ですから、もしご自分の好きな指標がおありでしたら、それとリアルタイムFXのシグナルを組み合わせた戦略を構築することも可能です。
プログラム開発者として、そもそもロジックが分からないシステムトレードには何の価値もないと考えています。
FXの経験、テクニックは必要ですか?
必ずしも必要ではありません。
FXの経験があることのメリットは、多少専門用語が理解できることと、注文の仕方がよく分かっていることくらいだと思います。
どのくらいの利益が見込めますか?
一概にはいえませんが、マニュアルでは原則としてトレード時間を1日10分、1回のトレードでの損切り幅を5pipsと設定させていただいております。
それを守っていただけるのであれば、大きな損失を出す可能性はまずないと思いますので、あとはトレール注文などで首尾よくトレンドに乗れれば、大きな利益を得られるという感じになります。

たのしいFX


たのしいFX - リアルタイムFX投資戦略ソフト












RSS