がんペプチドワクチン療法

 人のからだは元来、病気と戦う力が備わっており、その一つが“免疫”です。
免疫とは、自分の身体の細胞と外から侵入した異物:ウイルス、細菌などを区別し、異物を速やかに身体から排除しようとするシステムのことです。
“がん細胞”も元々は自分の身体の細胞ですが、勝手気ままに増殖を繰り返すため、免疫は“異物”と認識し排除しようとします。
人の身体の中で、免疫の中心を担当するのはリンパ球です。
このリンパ球のうちの、キラーT細胞などが中心になって「がん」に抵抗します。このしくみについては既に科学的に解明されています。
キラーT細胞ががん細胞の表面の小さな蛋白質のかけらを見つけ、その蛋白質を目印としてがん細胞を攻撃し、その結果、がん細胞を死へと追いやります。
この目印となる小さな蛋白質を「抗原」といい、キラーT細胞はこの抗原の中のごく小さな断片を見つけだします。
一般に蛋白は、数百〜数千個のアミノ酸でできているのですが、キラーT細胞が見つけだすのは8〜10個のアミノ酸でできた部分です。
このごく小さな断片を「ペプチド」と呼び、この小さなペプチドは人工的に合成することが可能で、体内に投与すると、ペプチドによって刺激を受けたキラーT細胞が活性化し、さらに増殖してがん細胞を攻撃するようになります。
この性質を使って「がん」を排除(退縮)させようとする治療法を「がんワクチン療法」といい、「ペプチド」を薬剤として使用する治療法を「がんペプチドワクチン療法」と呼びます。

ガン遠隔検診・がん郵送検診

ホームページ1

ホームページ2


がんペプチドワクチン療法