トレンドストリーム ファーストクラスは、エントリーから決済までを自動で実行できる、半自動化EA搭載でグレードアップ、FX自動売買や裁量取引の欠点を克服し、ユーザーのTPOにあわせた半自動化トレードは、今までにないFXトレーディングツールです。

トレンドストリーム ファーストクラス

トレンドストリーム ファーストクラス

半自動化FX

遂にEAが完成! トレンドフォロー型のFXトレード手法にEAを搭載!
トレンドストリームがファーストクラスにグレードアップして登場です!
エントリーから決済までを自動で実行できるEAプログラムを、あなたのTPOで適用する「半自動化」で、ストレスフリーなトレードにさらに磨きが掛かかり、FX自動売買や裁量取引の欠点を克服した、今までにないFXトレーディングツールです。


半自動化にすることで、裁量取引のように難しいこともありません。
自動売買では不可能だった、想定外の値動きにも対応できます。



トレンドストリーム ファーストクラス



トレンドストリーム ファーストクラス

トレード半自動化EA「ステルス」

TPOに合わせて選べる5つのトレーディングモードで、朝の出勤前に通常モードで(リスク軽減する設定にしつつ)ステルス任せにしておいて夕刻のチャンスを伺い、夜に帰宅後、モードを「エントリーと損切り」に切り替えて半自動化。
のんびりとテレビでも見ながら、ゲームでもしながら、利益が乗ってきたらチャートにロックオン!
また、完全手動なので、エントリーのみ自動化するモードに切り替えておけば、用事ができて随分と気が楽になります。


5つのトレーディングモード

モード1 通常モードで実行

エントリーから決済まで、ステルスのもつ機能を全て実行

モード2 エントリーのみ実行

決済は手動で行いたい場合、裁量判断で利益を最大限に引っ張りたいときなどに有効

モード3 エントリーと損切りのみ実行

損切りが苦手な人向け 利益確定で、状況を見極めながらという場合も

モード4 ショートカットオーダー’SCO’のみ実行

自動エントリーと決済は使わず、キーボードのショートカットで簡単オーダーする機能だけ有効  モード1〜3でもSCO使用OK

モード5 ステレス非稼働

任意のチャートだけEAを止めておこたい時に便利




ステルス機能

ステルスにはその他に、こんな機能も搭載されています!

リミット・ストップ設定
 …どのエントリー条件にもリミットとストップをあらかじめ設定可能です。

両建て機能
 …非推奨ではありますが、両建てでポジションを取ることも可能です。

オーダー送信設定
 …スリッページの設定、オーダー失敗時に何度リトライするかも設定できます。

メール送信設定
 …新規・決済約定時にメール送信することができます。

エントリータイム設定
 …ステルスを稼動させる時間帯を分単位で設定できます。

強制決済タイムの設定
 …毎日あるいは毎週金曜の○時○分に強制決済させる設定ができます。

エントリー回避設定
 …一定の位置からの乖離値を設定し、エントリー回避させることができます。

損切り設定
 …損切り条件の設定幅を調整・変更することができます。



トレンドストリーム ファーストクラの詳細は ・・・ << こちらから >>





トレンドストリーム ファーストクラス

半自動化EAステルスの長所と短所

トレンドストリーム手法と半自動化EAステルスの長所と短所とは

トレンドストリームが基本的なトレンドフォロールールのため、レンジ相場を苦手とします。 幾つかのエントリー回避フィルターはあるものの、ダマシ回避100%なんかは物理的に不可能ですから、早めそして的確な損切りで場を乗り越えます。
損切りは大きくても-35〜-45ピップス以上にはならないよう配慮しています。

逆に、トレンドフォローですから、トレンドが出てしまえばこっちのものです。
先のピークポイントを主軸に、その他に利益確定のためのシンプルな手段や判断材料が充実していますから、EAを駆使しつつ存分に勝てるトレードを満喫する事が可能です。




半自動トレード

半自動トレードとは…

エントリーや決済(利食い・損切り)は自動で行うことができますが、より利益を伸ばしたり、チャンスに追加玉をしたり、その他にマニュアルで紹介してある目処を参考にして手動決済を行うことで、本来の力が発揮されてきます。
また、状況に応じて、トレードの自動化と手動化をコントロールできるので、半自動化と言います。
ステルスはTPOに合わせて自動にできる部分は自動にして、楽をして稼ぐのではなく、ストレスを軽減して稼ぐというのが目的でこれが、最強だと自負しています。




トレンドストリーム ファーストクラス

Q&A

FX初心者ですが問題ありませんか?
はい、問題はありません。
ただ、マニュアルではFXの基礎やメタトレーダーの基本的な使い方には触れていませんので、最低限の知識は必要となります。
パソコンに弱いのですが、そんな私でも大丈夫でしょうか?
マニュアルではメタトレーダーのダウンロードからインストール、その他ツールのセッティング方法を画像付きで解説していますので、インターネットなどでパソコンがそれなりに使える方ならば問題ないと思います。
いきなりリアルトレードで実践しても大丈夫ですか?
基本的にはまずデモトレードでの実践や過去チャート検証からスタートされることをおすすめします。
デモだと緊張感がないという場合は、1000通貨などで実践されると安全かと思いますが、あなたの大切な資金を動かすものですので、取引量やリアル取引開始は各自でご判断ください。
私はサラリーマンなので夜の9時以降しかトレードできませんが問題ありませんか?
ご存知のようにFXはほぼ24時間取引が可能です。
トレンドストリームでは、その中でさらに取引時間を15時ごろ〜0時ごろ(クロス円は午前中も)に絞って15分足を中心としていますから、その時間からしかできない場合は機会が少なくなります。
その場合は、ステルス(EA)を稼動させてみるか、5分足での短期トレードや逆に1時間足以上での長期トレードを試してみることもオススメします。
これまでいくつもの手法で失敗してきました…。そんな私でも大丈夫でしょうか?
厳しい回答かもしれませんが、まずご確認していただきたいのは、果たして失敗してしまったのは手法だけに問題があったのかどうかです。
手法によって自分に合う合わないは存在しますが、それは継続できるかできないかの問題でもあると思います。
もし、ルールを貫徹できない段階で、しかも短い間の運用だけで「使えない」と判断してしまうのであれば、どの手法でも使えないと思います。
痛い経験を糧にして、本手法はもちろんのことマニュアルでも、不要なものは最大限カットし、必要なものは最大限に取り入れることができたのではないかと思っています。
どのくらいの資金からはじめられますか?
いくらからという決まりはありません。
ご自身の安全資金量やリスクコントロール、トレードスキルにより様々です。
1通貨あたりのもっとも効率的かつ低リスクな資金割り当ては、以下をご参考ください。
レバレッジ100倍以上 [資金5万円]につき[1万通貨](=1枚=0.1ロット)
レバレッジ50倍 [資金10万円]につき[1万通貨](=1枚=0.1ロット)
レバレッジ25倍 [資金20万円]につき[1万通貨](=1枚=0.1ロット)
レバレッジ10倍 [資金50万円]につき[1万通貨](=1枚=0.1ロット)
上記をオーバーしたロット投入は非常に危険です。
さらにトレンドストリームでは、この基準値に一定割合いの証拠金を加えることで、さらに安全な資金管理を推奨しています。
システムトレードですか?裁量トレードですか?
システムトレードです。
一定のルールに基づいて、手動で注文と決済を行います。
システムトレードとは、あらかじめ決められた売買ルールに則ってトレーディングすることで、それをプログラムで自動で執行させることを自動売買といいます。裁量トレードとは、個人の経験や勘に委ねたトレーディングとなります。
システムトレードに自分なりの裁量(類似チャートパターンやファンダメンタル判断など)を適宜加えることができるようになれば、勝率や効率はさらにアップすると思います。
ナンピンを使う手法ですか?
トレンドストリームのトレーディングルールにナンピンを手段として活用する内容はありません。
対象の通貨ペアを教えてください。
どの通貨ペアでもかまいませんが、それぞれのボラティリティ(変動幅)により結果は様々です。
個人的には、EURUSDをメインにEURJPY・GBPUSDを中心で扱っており、解説でもそれらが主となります。
対象の時間足を教えてください。
どの時間足でもかまいませんが、時間足が短いほど機会が多くなりトレンド初動を捕えることもできますが、ダマシも多くなります。逆に長ければ、機会は少なくなる分、ダマシも軽減し、1回の獲得pipsの期待値も上がりますが、損失もそれなりに大きくなります。
この手法でいくら稼げますか?
それはあなたのスキルや取引時間や資金量により大きく違ってきますので一概にはいえません。
なるべく早く大きく稼ぎたいのですが、それは可能でしょうか?
可能であり不可能であるとしかいえません。
よほどの度胸と運とスキルが伴っていればより可能方面に近づくと思いますが、一般的には難しいと思います。
わずかな期間で少ない元手が何十倍にもなるようなイメージが先行してしまうと、トレーディングにおいてメンタル面で悪影響になることもあり、あなたを人生のレールから脱線させる一つの要因になってしまうこともあります。
どのくらいの期間で月に1000pipsを得るほどの力がつきますか?
わかりません。
実践まもなくから同等あるいはそれ以上のパフォーマンスを出される方もいらっしゃると思いますし、何ヶ月も何年もかかる方もいらっしゃると思います。
最低でも1ヶ月〜3ヶ月は、デモや小額での実践トレーニングや過去チャートでのバックテスト(検証)を行うことはおすすめします。
勝率はどのくらいになりますか?
基本ルールに、より忠実なトレードを行った場合だと平均して50〜60%後半で経緯してきております。
このEAを動かして放置していれば勝手に稼いでくれますか?
そのような動作は可能ですが、ステルスは完全自動売買をオススメしていません。
手動トレードのサポートが目的の半自動トレードを推奨していますので、可能な限りチャートがいつでもチェックできる環境にしておいてください。
完全放置のEAでは楽してトレードできますが、楽して資金を失うことが多いです。
半自動トレードとはどういったことでしょうか?
エントリーや決済(利食い・損切り)は自動で行うことができますが、より利益を伸ばしたり、チャンスに追加玉をしたり、その他にマニュアルで紹介してある目処を参考にして手動決済を行うことで、本来の力が発揮されてきます。
また、ご自信の状況に応じて、トレードの自動化と手動化をコントロールできるので、半自動化と呼んでおります。
1回あたりの損切りはどのくらいになりますか?
一概には言えませんが、3通貨(EURUSD・GBPUSD・EURJPY)の合計かつ15分足で、過去1年間の1回あたりの平均損切り値はおよそ20pips前後です。
エントリー回数は1日にどれくらいですか?
1通貨あたり0〜5回くらいで経緯してきています。
付属のインジケーターやEAはオリジナルのものですか?
一部はフリーのものやそれにちょっと手を加えたものですが、主となるものは独自に開発したものです。
携帯でトレードできますか?
メタトレーダー4モバイルではスマートフォンまたはPDAで利用ができるようですが、これまで検証をしたことがありませんので対象外としています。
インジケーターの中には、メタトレーダーの機能と連携して、シグナルが確定した時にメール送信(携帯に転送も可)できるものもありますので、ご都合にあわせて利用していただければと思います。
メタトレーダーを使うシステムということですが、他の業者でも使えますか?
トレンドストリームのチャートはメタトレーダー4(無料)でのみ再現できます。
バージョンアップはありますか?あるとしたら有料ですか?
基本ロジックや手法そのものを大きく変更するようなバージョンアップは、足元が定まっていないことになるので考えておりませんが、便利な機能追加や不具合修正によるバージョンアップの可能性はあります。
不具合修正のためのバージョンアップは原則無料ですが、それ以外は規模にもよりますので現在のところ未定です。
返金保証はありますか?
ありません。
利益をお約束する製品ではありませんので、「勝てなかったら返金」というような保証はしておりません。
トレンドストリーム ファーストクラス

トレンドストリーム ファーストクラの詳細は ・・・ << こちらから >>



  トレンドストリーム ファーストクラス







A C - B B A
RSS

トレンドストリーム ファーストクラス、詳細はこちら